30代後半の専業主婦の一か月の美容代と内訳はどれくらい?

年代は30代後半。職業は専業主婦です。結婚して10数年ですが子供はいません。専業主婦になる前は、独身時代も結婚してからも美容関係の仕事をしていました。いろいろな事情が重なり、1年前に退職しました。

 

主人は30代後半のサラリーマンで、休日出勤や残業も当たり前の激務です。毎日朝早くから深夜まで働いているので体が心配です。

 

そんな状況ですので、無職の自分がかけられる美容代は共働きの時より控えめに、家計のやり繰りも念頭に入れて割り振っています。

 

働いていた時は美容関係の仕事ということもあり、身なりには気を使っていた方だと思いますが、専業主婦になり家にいる時間が殆どとなると、やはり自分に使うお金や労力を惜しんでしまっているのが現状です。

f:id:catchkun:20170328215435j:plain

主人の給料30万の中から美容代として月に2万を当てます

 

自分が無職ですので、主人給料が唯一の収入源です。主人の一ヵ月の給料は30万程です。私の美容代は、月に一回の美容院でのカラー(白髪染めなので一か月放置すると白髪が気になりだします)とカット(ロングです)、

 

それと年齢的に髪に艶やコシが無くなってきたので、時々ヘッドスパやトリートメントをしています。料金は10000円から12000円くらいになります。

 

化粧品は、30代中ごろから敏感肌になってしまい化粧品ジプシー状態でしたので、決まった金額にはなりませんが、大体平均すると月に3000円から5000円くらいだと思います。

 

けれどここ半年ほど思い切って肌断食を開始しましたので、ここ半年間は基礎化粧品を買っていません。

 

肌の調子も良いので、今まで使っていた基礎化粧品の数々は未開封のものも含めて沢山残っているので勿体ないのですが、このまま肌断食がうまくいけば、化粧品にかけるお金は激減(基礎化粧品代はほとんどかからない)ということになりそうです。

 

しかし肌断食に移行してから石鹸で落ちるファンデーションを買ったり、ポイントメイクアップの化粧品もなるべく石鹸で落ちやすい物に買い換えましたのでそのお金が月計算で2000円~3000円かかっています。

 

その他は体の中からのケアとして、サプリメントを摂っていますが、それが主人と二人分で7000円くらいになっています。

 

退職するまでは美容関係のサービス業でしたので、ネイルサロンや脱毛サロンにも通っていましたが、退職してからは行っていません。

 

とはいえ、これからサンダルの季節になりますのでフットケアサロンには行きたいな、と思っています。家計に余裕があれば、行きたいです。

 

ということで、大体の美容代の内訳は美容院代10000円~12000円、化粧品代2000円~3000円、サプリメントなどの体の中からのケア7000円、という結果になりました。

 

合計金額は19000円~22000円ですね。

f:id:catchkun:20170328215446j:plain

外食と固定費を削って美容代に回しています

 

美容代はこれ以上かけるとしたらフットサロン代5000円~7000円くらいです。あとは、趣味のお金が月に16000円かかっています。

 

自分の収入が無くなってしまっているので、趣味や美容にかけるお金はなるべく家計に負担のない範囲でやり繰りしたいと思っています。

 

まずは外食をしないように、毎日食事を作り家で食べるようにします。けれどあまり家で食べてばかりだと自分も飽きてしまうし、たまには主人とデートしたいので、そんな時は外食もいいと思っています。

 

ただし、外食するのは月に2回までと決めています。共働きの時は外食が多くて食費も嵩んでいましたが、専業主婦になり自宅で作って食べるようになってからは食費だけでも10000~15000円は減りました。

 

体調も良くなって良いことばかりです。また、固定費はいち早く見直しました。仕事を持っていた時には面倒で手つかずにしていた生命保険や医療保険、車の任意保険を見直し、月に5000円~6000円は安くなりました。

 

携帯電話も格安SIMに替え、主人と二人分で月に10000円は安くなりました。

 

固定費は一度システムを構築するとずっとお得になるので、一番に見直したほうが良いと思います。また肌断食で毎月の基礎化粧品代3000円~5000円がかからなくなるので、これも大きかったです。