専業主婦で三人家族の20代、私の毎月の美容代平均は3万5千5000円・・。

現在、専業主婦で一児の母、28歳です。5年ほど小学校の教諭として働いてきましたが、出産を機にこの3月で退職することにしました。

 

職業柄、お洒落とは程遠い世界におりましたが、美容に関する仕事に従事している友人も多く、常日頃から美容への関心は持っておりました。

 

外に出ることも多く、夏はプールなども毎日のようにありましたので、特に日焼け防止や保湿などの肌のケアについては気をつけてまいりました。

 

また、最近はジェルネイルにも興味があり、先日セルフジェルネイルのキットを購入しました。自分や友人の爪をケアしたりネイルをしたりして、楽しんでいるところです。この度、退職することになりましたので、美容にも更に力を入れて過ごしていきたいと考えています。

f:id:catchkun:20170330214149j:plain

20代専業主婦の美容代平均は3万5千円という結果になった

 

一ヵ月の給料は、現在は0円です。産休に入るまでの給料は手取りで20万程度でした。大学卒業後から、5年ほど給料はそこまで変化していません。

 

 


美容代の内訳は、その時その時で購入している商品のランクも違うので、かなり差があります。今回は、3ヶ月程度で使い切るという想定のもと、現在使用している商品の一か月分の値段の内訳をまとめます。

 

  • シャンプー   1000円 シュワルツコフ 
  • リンス     1000円 シュワルツコフ 
  • トリートメント 1000円 シュワルツコフ、ボタニスト 
  • 先行美容液   4000円 アスタリフト 
  • 化粧水     4000円 フェリーチェトワコ 
  • 美容液     10000円 SKⅡ 
  • 保湿駅     7000円 フェリーチェトワコ 
  • 化粧下地    1000円 レイコカズキ 
  • ファンデーション1000円 レイコカズキ 
  • マスカラ    500円  デジャブ  
  • リップ     1000円 タイガーバーム、DHCなど 
  • その他化粧品  1000円 アイシャドー、チーク、アイラインなど安価なもの 
  • ボディークリーム1000円 バスアンドボディーワークスなど 
  • ネイル     1000円 プチプラなど 
  • その他     1000円 アイロン、こてなど長期使用するもの 

 

合計金額は、35500円です。


ざっと思い当たったものは以上ですが、思っていた以上に美容にお金をかけていたことが分かり驚いています。


お金をかけ始めたのは、最近のことです。というのも、最近になって、肌の様子が変わり始めました。

 

実際に、測定などをしてもらったわけではないのですが、乾燥している日があったり、おでこや口の周りがしわっぽい時があったり、ニキビができる日があったりします。それらのトラブルの頻度が増えたり、治るまでに時間がかかったりします。


 そこで、最近は、少し肌の美容用品のランクを上げました。

 

美容液や保湿駅は、2~3万円の商品を使用しています。それ以前は、美容液を使用していない時もありましたし、化粧水や保湿液なども1本3000~5000円程度のものを買っていました。

f:id:catchkun:20170330214222j:plain



専業主婦の美容代の節約術とは?

専業主夫である自分としては、10000円程度で済んでいると思っていましたが、35500円にもなっていたということで、今後節約しなければならないなと思っています。

 

 高額な美容液や保湿駅については、自分へのご褒美もかねてお試しで購入してみたものです。今後もずっと購入し続けるかどうかは悩み中です。

 

しかし、明らかに効果があります。一度に使う量を節約して、お金はかけていくのが良いかなと思います。


 自分がお金をかけたいと思っているのは、直接肌に塗るものやケアするための商品です。

 

そこだけは、品質の悪いものを使用していては、あとで必ず後悔すると思います。また、母親になると濃い化粧で出かけるような場所も減ってきますので、素肌が勝負になってきます。


 その分、アイシャドーやアイラインなどの飾りに使用するようなものについては、薬局などで安く購入して節約します。


 服や食事などもなるべく節約できるように意識しています。服は、基本的には、ユニクロやGUなどでベースとなる服を購入し、少しアクセントになるような服は1シーズンに1~2着程度にします。

 

食事は、毎日の料理と弁当作りが基本で、外食は1週間に1回程度です。食材は、スーパーの安売りの際に、一気に買います。買出しは、基本的に週に1度です。

 

小分けにして行くと、毎回あれもこれも気になって無駄に買い物をしてしまうからです。  

 

このように、使いたいところにはお金をかけ、その他は節約することを意識しています。