50代の農家の主婦だって毎月の美容代は1万使いますよ!

50代の主婦です。 職業は簡単な農家兼主婦なのですが、収入がまちまちなので、いつも節約をしながら生活をしています。


収入自体が見通しがつきにくいので、一年間の収入を次の年に分けながら使っているのが現状です。


美容に関しては個人的に関心はあるほうですが、思うように使えないので内心とても不満があります。


友達などで美しくしているととても羨ましいと思えますし、テレビなどのタレントさんなど年をとっても若々しい雰囲気で奇麗な肌などでシワなどもないので、自分もそうなれたらどんなにいいだろうと思いながら生活しています。


普段日に焼ける事が多い仕事なので、日焼け防止などにもいつも心がけながら生活しているのですが、いつまでも美しく若く生活することが夢です。

 

f:id:catchkun:20170404204635p:plain

 

 

給料30万のうち1万は美容代に消える

 

一ヵ月の給料は月々での月給取りではないので、確定していえませんがほぼ30万円くらいだと思います。


かなり生活は厳しいほうだと思うのですが、そういう中で美容代を使うのには大変な現実があります。


おおかたの金額ですが、合計金額1万円くらいは使っていると思います。


美容代の内訳として一番にお金をかけるとすると、6000円くらいが化粧品代だと思います。


以前は安いものばかりを使っていたのですが、だんだんと年齢がいくとともにシワが増えてきますし、安いのは肌が乾燥したりするので、

 

いい化粧品を一度使ってみると違いが分かって安物はかえって損だという気になったので、最近はお金がないとしてもある程度いい化粧品を買うようにしています。


化粧水、乳液、栄養クリームは基本ですがその他にもエッセンスやアイクリームなども欠かさずに買って使っています。


普通のパックなどもマスクシートは週に一度くらいはするようにしているのでその点でも欠かさずに買っています。


その他として春から秋までは紫外線が強いのでサンクリームも欠かせません。


それも安物だと肌荒れがするので、栄養補給も出来るようなサンクリームにしているのでそれにもお金を投資することが多いです。


髪に関しては細くて薄いほうなので漢方のシャンプーを使っています。 これが月1500円くらいでしょうか?


少々高価なものですが、しかし抜け毛などがしなくていいですし髪のツヤがいいというので周りの人からほめてもらえたりするので、値段は別として欠かさずに漢方のシャンプーを使い続けているという具合です。


美容院には現実としてなかなか行けないのが現状です。 月に分けると2500円くらいだと思います。


化粧品やシャンプーなどにお金をかなり使ってしまうので、美容院にまで行くと予算オーバーになってしまいます。


幸い白髪がないのでパーマだけをいつもしているのですが、だいだい4ヶ月に一度くらいだけ美容院には行ったりしています。


日焼けというと顔だけだと思われがちですが、手にもシミが出来たりします。 手も以外にも老けるのです。


それで手の美容にもいろいろと気を使っています。
マンゴの種で作ったハンドクリームはとても保湿性がいいので、いつも愛用しています。

 

f:id:catchkun:20170404204805p:plain

美容代の中でも化粧品にはお金をかけて後は節約

 

美容代としては化粧品に一番お金をかけているのですが、だいたい買うのがセールの時をねらって買っています。


安い物をスーパーなどで買うというのが、肌にあわないような気がするのと早く老けてしまいそうなので、ある程度いいメーカーでちょっと高価な品を買っています。


しかしセールの時になると普段よりもかなり安くなったりするので、それで少しは節約することができます。


その代わりマスクシートなどは100均などの安い物を使っています。


パックはたっぷりと出来る限りたくさんの回数をするほうが効果があるという話を聞いたりしたので、そのようにしています。


それでパックに関してはお金をかけずに、出来る限り週一で欠かす事なくするようにしています。


美容にお金をかけるといっても、何処かにいってマッサージなどをしてもらいたいと思ってもそこまでは手が届きません。


実際いろんな宣伝でそういう物を見ると行ってみたいという思いになるのですが、行ったらいろんな化粧品を追加で買ったりしないといけないのではと思って行けないというのが現実です。


美容院にはあまり行かないので、その点ではお金を使っていないと思います。


その他としては美容にいい物として、野菜などをたくさん食べるようにしていますが、それは自分の家で取れたものを食べることが主なのでお金がかからないのが現実です。