40代の主婦が美容に一か月かけている金額は5万円という結果になった

40代の既婚者です。夫と都内のマンションで二人暮らしをしております。職業は、金融系の企業で、社員研修など社員教育に関わる仕事に携わっています。

 

人前に出て話をする機会が多いので、身だしなみには気を使います。シンプルでシックな年相応の服装を心がけていますが、地味になりすぎ、疲れた印象にならないよう気を付けています。

 

疲れやストレスが顔に出やすい年代なので、趣味である旅行に出かけリフレッシュするようにしています。

 

今回は私美容にかけている金額についてお話しします。

 

 

f:id:catchkun:20170405113202p:plain

 

40代主婦の一か月の美容代を細かく見てみると?

ひと月の給料は、手取りでおよそ350,000円程です。そこから、貯金や生活費などに振り分け、残りが交際費・趣味・衣服・美容代など自分自身に使えるお金となりますが、その金額は150,000万円です。

 

そこから捻出している美容代はおよそ57,300円です。美容代の内訳ですが、まずヘアーに関するもので金額が大きいのは美容室代です。今のヘアースタイルはショートカットで、白髪も目立ち始めたのでカラーは必須になってきました。

 

ショートカットのスタイルをベストな状態に保ち、白髪をカバーするため1か月に一度、美容でお手入れをしてもらいますが、その金額がトリートメント代を含め18,000円程です。

 

ヘアーに関しては、ヘアカラーの持ちを良くするシャンプーとトリートメント、髪をブローするときに使うヘアオイルの3種類で7,500円です。

 

そして、お肌に関するものに移りますが、一番金額が大きいのは、エステティックサロンで受けるフォトフェイシャルと保湿パック代で12,000円です。

 

自宅で使用する基礎化粧品は、化粧水とクリームを2種類使用していて、合わせて10,000円程です。

 

これらを2か月かけて使い切りますので、1か月に換算すると5,000円程です。このほかに使用いているのがシートパックで、1,800円です。

 

そして、メイク用品ですが、化粧下地兼日焼け止めが5,000円、リキッドファンデーションが4,500円、フェイスパウダー3,500円と合計13,000円となり、こちらも2か月間使いますので、1か月分は6,500円となります。

 

他に口紅・アイシャドー・頬紅などを何種類かを日によって交互に使ってますが、1か月に換算すると4,000円程となります。他にまつ毛のエクステンションを3週間~1か月のペースで付け替えをしていて、ひと月に換算すると6,000円程です。

 

さらに、ネイルはサロンでお手入れしていますが、仕事柄あまり派手なものは好ましくないので、ワンカラーかグラデーションなどシンプルなデザインでお願いしているので4,000円程です。

 

以上、1か月の美容代の合計は57,300円となります。

 

f:id:catchkun:20170405113215p:plain

お金をかけるのはぱっと見で年齢に差がつく美容院です


私ももう40代の主婦になってしまいましたが、年齢を重ねるごとに、美容にかける時間・労力・美容代は嵩んでくると思います。

 

若さや美をキープするためには、日常のお手入れが重要になりますが、プロのテクニックを借りなければならない時があります。例えば美容室です。

 

私は20年以上同じ美容室に通っていますが、正直なところ私にとっては安い金額ではありません。もう少しリーズナブルな美容室もありますが、やはり仕上がりに差があるように思います。

 

20年以上お付き合いのある美容室なので、私の髪質や経年による髪質の変化を熟知してくださっています。

 

また、美容師の方もかなりベテランの域に達していらっしゃいますので、私の髪をベストな状態にしてくれる自信と安心感があるので、この点についてはお金を惜しんではいけないと思います。

 

また、現在の科学や技術の進歩で、より美容効果のある様々なマシーンが登場しています。自宅ではできない施術となりますので、こちらもお金をかけるべきだと思います。

 

とは言っても、青天井にお金を使えるわけではないので、抑えるところは抑えます。

 

まつ毛のエクステやネイルサロンについては、ネットのクーポンサイトでお安いものを探し、定価で施術を受けることはありません。

 

また、基礎化粧品やメイク用品についても、ネットの価格比較サイトで調べてから最安値のものを探しだして購入するようにしています。