読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー主婦給料18万の美容代2万の使い道を紹介します

初めまして。わたしはギリギリ昭和生まれのアラサー年代の主婦になります。気付けば周りは平成生まれの方もすっかり成人しているという、何だか少し時代に置いて行かれているような気分にもなります。同級生も皆結婚して家庭を持ち、夢を叶えた人も居れば諦めてしまった人も多く寂しいものです。

 

職業は接客業です。正社員では無いながらも週5出勤して何とか生活しています。いろんなお客様がいらっしゃるので毎日新鮮な気持ちで仕事に取り組めます。

 

もうすぐ子供が産まれるので、一度は退職を考えていますがまた戻って働きたいなと思っています。今回は私の美容代と内訳について紹介します

 

 

f:id:catchkun:20170414115705p:plain

給料18万のうちの美容代と内訳

 

私の一ヵ月の給料は18万程度になります。ボーナスは月に2度ありますが、もちろん大手企業のような大金では無いです。色々と差し引かれると貯金や生活費をやりくるするのは未だに難しいです。その中でも自分の為に使えるお金は、好きなこと、趣味にかけたいと思いつつ、使い過ぎないよう意識して気をつけてはいます。

 

給料の少なかった月は美容にかける分がない時もあります。美容代の内訳としては、普段から使うスキンケア商品が多いです。

 

もしストックがまだある場合は一ヵ月の化粧品の買い物を我慢して、来月に回して少しいいものを購入したり工夫しています。

 

また、リフレッシュにもなるので、岩盤浴やエステにも月に一度は通っています。一度に掛かる代金が高いのでその代金が全体からすると大きいかと思います。定期的に通うことでお肌の調子が改善されたりする他、岩盤浴は女性特有の冷え性や便秘などにも効果があるので気に入っています。

 

身体が疲れたなーと思う時はマッサージか整体に通うようにしています。お風呂上がりに短い時間ですがストレッチをすることも習慣づけれたらと思っています。

 

色々と含めても美容にかけている合計金額は約20000円程度だと思いますが、月によってバラつきがあります。

 

何歳になっても、美に対する欲求はなかなか抑えられないものです。手を掛ければ掛かるほど、綺麗になっているという実感が湧くともっともっととモチベーションも上がります。

 

無駄な努力ではないと思うのでこれからもお金と時間が許す限りコスメを買ったり、エステに通うことはやめられそうにないです。

 

しかしたまに貪欲になっでしまった場合、倍くらいの金額を使ってしまっている事もしばしばあります。

 

サプリメントも気になるものは試しに一袋試してみたりして、内側から見えない美容にも気をつけています。少しでも怠るとダイレクトに自分に反映されるものだと思っているので、常に美意識を高く持ちたいと思います。

 

f:id:catchkun:20170414115642p:plain

 

 

美容代でお金がかかっているのはフェイシャルです

 

私が一番気に掛けているのはフェイシャルです。

 

身体は夏場になると気になりますが、冬場は隠れている為どうしてもいつも年中人目につく顔への手入れが気になってしまいます。お肌の調子が悪かったり、化粧ノリが悪いと一日中気分が落ち込んでしまったりするので、フェイシャルのケアは大切だと思ってます。

 

第一印象も大体は顔を見て決まると思います。毎月、美容代はどうしても掛かってしまうので削れるお金は頑張って節約を心がけてます。

 

食費を押さえて美容代をねん出しています

 

ダイエットにもなるので自分の食費を抑えるのが私なりの節約です。まず、外食はできるだけ控えるようにして、自炊します。

 

料理のスキルアップにも繋がるので一石二鳥かと感じています。コンビニも便利ですがちょっと買い物するだけで結構お金が掛かるので、近所でも食材が安いスーパーに通っています。

 

また、日頃から家で掛かる電気代や水道代などの光熱費も気をつけて生活しています。出かける時にコンセントを抜いたり、洗い物の時は水を出しっぱなしにしないなど、ちまちまコツコツと節約することでその分美容代に使えると思うとヤル気が出るものです。

 

不要になった洋服やCDなどをオークションで販売することも収入になるので時々しています。