読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーOLが語る20万の美容代の使い方と節約術

1980年代生まれのアラサーです。職業は事務職OLです。 友人がデパートコスメの販売員をしていたり、アパレル販売員で美容オタクでなど、 美容に熱いので女子会での美容情報収集には事欠きません。


プチプラからデパートコスメまで、比較的なんでも試せる環境なのはありがたいです。
でも、いつまでもこのまま好きなことにお金を使い続けて良いのか自問自答する日々でもあります。

 

f:id:catchkun:20170421095055p:plain

 

手取り20万のうちの美容代の使い道


一ヵ月の給料は手取りだと20万円ほどです。そのうち美容代の内訳は、約10分の1程度です。3か月に一度ほどまとめて購入するので、その際の合計金額は5~6万円ほどです。


毎月美容用品を購入するわけではないので、一度に購入する金額が多く感yじますが、シャンプーや洗顔フォームなどを入れると普通の女性と変わらないと思います。


友人がデパートコスメの販売員をしているので、たまに試供品をもらりできるので、それも利用しています。

 

もちろんもらいっぱなしというわけにはいかないので、ちょこちょこお返しとか、家に呼んでご飯を作っておもてなしをしたりと、多少のギブアンドテイクは心がけています。


友人のところはハイブランドなので、試供品でも金額換算すると1回分が500円くらいする美容液などがゴロゴロしています。

 

もちろん販売促進のためのものなので、沢山もらえるわけではありませんが、休日の自分エステの際などに利用させてもらっています。
また、安い美容法も取り入れています。


お茶は毎日飲む薬と言われているくらい体に良いそうなので、美容にも節約にも良いと思い清涼飲料水は控えて、お茶を飲むようにしています。

 

コラーゲン配合の美容ドリンクも飲みたいのですが高いので、お菓子作り用のコラーゲンをお湯に溶かして、自家製の美容ドリンクを作って飲んでいます。


その自家製美容ドリンクには、コラーゲンの吸収を良くするビタミンCや、乳酸菌、食物繊維、青汁なども入れています。

 

味はまあ美容に良いと思えば飲めるというレベルなので、販売している美容ドリンクの味のレベルには遠く及びませんが、お値段的には1杯50円くらいなのでお手頃価格で続けられます。


高級化粧品の試供品と自家製美容ドリンクの差にめまいがしそうですが、美容には人脈も不可欠かもしれません。そして、基礎化粧品にはお金を惜しまないし、惜しめないのですが、基礎化粧品のサンプルはあまりないので寂しいところです。

f:id:catchkun:20170421095116p:plain

 

美容代の節約は自宅エステと食費の節約

 

美容代にかけられるお金は限られているのですが、それをねん出するためにも、なんでも日々節約する気持ちで過ごしています。何かを我慢するというよりは、出来ることは自分でやろうというスタンスです。


マッサージやエステが大好きなのですが、1回マッサージでも5000円くらい~で、エステだと20000円近くしてしまいます。

 

その為、リンパマッサージやフェイスマッサージなどは、自分で本を買って勉強してやっています。お金を取ったりはしないですが、友人にもオイルマッサージなどをしてあげています。


もちろん会社に週3回ほどはお弁当を持って行ったり、外食は控えめにしています。飲み物もお茶を水筒に入れて持っていっています。

 

スタバのコーヒーが本当は好きなのですが、スタバに入るのは新しいフレイバーが出たときか、友人とお買い物などにいってお茶をするときと決めています。一人でスタバに入ることはありません。

 

毎朝スタバのコーヒーとマフィンを買って、飲みながら入ってくる後輩(実家住み)を見る目がついキツクなってしまうのはしょうがないと思っています。


しかし、それ以外は友人たちの多くもママになったりしたことで、外食の機会も自然に減っているのであまり無理な節約をしてはいないと思います。