読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代の元美容師はどれくらい美容代にお金をかけるのか?

私は、年代は20代前半です。職業は、今は主婦ですが高校卒業後から去年末まで美容師をしていました。

 

今年の初めに妊娠が発覚してから主婦になった今は、美容に関するお金はなるべく抑えるようには気をつけているのですが、元々惜しみなくお金をかけて居たので中々節約をしていくのが難しいと悩んでいるところです。

 

美容師として働いていた時に比べるとお家に引きこもっている時間が多いので化粧品を使う頻度は減ってきたと思います。

 

メイク用品の部分ではだいぶ抑えてこれていると思います。ただ、スキンケアやヘアケアなどのケアをするという事に関しては使う頻度も変わらずに使うものを妥協することもできずに少し困っているところではあります。

 

f:id:catchkun:20170428214514p:plain

 

一ヵ月の給料18万のうちの美容代の内訳

 

一ヵ月の給料は、働いて居た時は18万程度です。今は、私自身の収入はありません。
美容代の内訳は働いている時で、スキンケア1万円〜15000円、ヘアケア2万、メイク用品1万、ボディーケア2万、くらいが月々かかっています。

 

この時の合計金額が6万〜65000円程度です。お店の注文の時に自分のスキンケア、ヘアケア用品もまとめて注文をかけてもらうので、月によってだいぶ支払いの差がありますが商品代を月で割るとこのくらいになりました。

 

今は、自分の収入が無くなりましたのでこんなにお金をかけてしまうと旦那さんに迷惑ですし、働いている時はお店の商品を使うことでお客様にご提案として繋げていたのですが、今はその必要が無いのでできる限り節約をしていこうと思い努力しています。

 


今は、スキンケア5000円、ヘアケア7000円、メイク用品2000円、ボディーケア3000円となっています。

 

合計金額は、17000円です。

 

以前に比べると5万くらい節約できています。スキンケア、ヘアケアは使うものは変えていませんが、サロンに行ってのケアを控えています。

 

妊娠発覚後は、いくのを我慢しているというよりはお店の香りやマッサージなどが出来ないことなどでサロンへ行こうと思わないだけですが。その分節約が出来ているので良かったです。

 

メイク用品も家にいることがほとんどになってしまい、メイクをする時が無いですしメイクをする時にも最低限しかしなかったり、マスクを普段しているので目元だけのメイクになったりということで消耗品の減りが格段に遅くなったことで買い足しが減りました。

 

また、新作のメイク用品も出ていますが使う機会も今の所予定して無いですし、見てもらう相手もいないので魅力を感じなくなってしまい今回は購入していません。

 

ボディーケアに関しましても使うものは変えていないのでその分のお金はかかりますが、

 

働いていた時のボディーケアは立ち仕事で体が歪んだり浮腫んだり肩が上がりにくくなったりという事を改善するためにお店の系列のエステサロンで美容整体やオイルマッサージなどのアフターケアを中心にしていたので、今は必要ななりました。

 

f:id:catchkun:20170428214637p:plain

美容に関して知識を身に着けることが最大の節約術です

 

美容代を特に使ってしまうのは普段使用するデイリーケア用品です。やはりスペシャルケアをしていく事も、余裕があるときや自分の疲れがたまっていたりという不調が出てきた時には大切だと思います。

 

しかし、私は普段のケアがあってこそのスペシャルケアの効果だと思います。

 

なので、スキンケア、ヘアケア、ボディーケアの基礎となるものは使うものを選ぶ時にも慎重に選びますし、自分に合っているものを見つけると使い続けます。

 

新しいものが出たり、情報が入ったりすると積極的に試して見ていましたが、それは職業柄という事もありましたので主婦となった今は自分に不調が出たりという事がない限りは冒険をしないようにしています。

 

そういった面では、今はとてもせつやくになっています。また、自分で試行錯誤していくことも大切ですが、そうすると無駄が沢山出てしまうので最初にプロに相談をして教えてもらい、それを実践していくようにしています。

 

私は、美容師でしたので髪の事に関してはプロでしたのでそこは自分で勉強して診断をして選定していたので選ぶものもとんでも無いものが当たったことはありません。

 

しかし、スキンケアやボディーケアは専門外でしたのでサロンに行った時に相談をしていました。

 

自分がプロであるからこそ、勉強している知識と素人の知識の違いを痛いほど実感していたからです。そういう専門家を頼ることも、綺麗になること、節約することへの近道だと思います。